資産運用に役立つ本

チャート分析の基本!! 先物市場のテクニカル分析

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
先物市場のテクニカル分析

テクニカル分析とは何か?それは価格チャートを使い、市場の新たなトレンドを察知し、それを利用する技術である。
ファンダメンタル要因はすでに価格に織り込まれているので分析は不要。むしろチャート上の価格の動きこそファンダメンタルの先行指標である。
この本から学ぶ、資産運用に役立つ必殺フレーズとは……

本の概要:
テクニカル分析の基本理念、チャートの描き方をはじめ、チャート・パターン、出来高と建玉、移動平均、オシレーター、ポイント・アンド・フィギュア・チャート、エリオット・ウェーブ、サイクル理論等、チャート分析に必要なノウハウを、やさしく、そして長年にわたり市場で揉まれてきた正確でこなれた邦訳によってわかりやすく解説する。

著者:
ジョン J.マーフィー
元メリル・リンチ証券の上級先物トレーディング・アドバイザー、CRBの上級テクニカル編集者等を歴任
『先物市場のテクニカル分析』より

この本から学ぶ、資産運用に役立つ必殺フレーズ

“3%ブレイクルールと2日ルール” p.68

解説

“3%ブレイクルールと2日ルール”

誰しもテクニカル分析でトレンドラインを割ったから損切りしたけど、一時的ですぐに戻ったという経験をしたことがあるのではないだろうか。

トレンドラインブレイクが一時的か、そうでないかの判断はとても難しい。

そんな時に役に立つのが、プライスフィルターとタイムフィルター。

長期トレンドのブレイク判断には、プライスフィルターとして終値で”3%ブレイクルール”がある。

また、タイムフィルターとして2日間連続して終値がトレンドラインをブレイクしたらトレンドラインブレイクとする”2日ルール”もよく使われる。

ただしどちらも一時的なブレイクを避けられる可能性は高まるが、損失拡大につながる可能性には注意しなければならない。

総合評価

難易度

初級(初心者〜)

資産運用の役立ち度(星1~5)

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

現在38刷を重ねるロングセラー
1990年発刊された日本語訳が今も“売れている「投資・金融・会社経営」書”の上位に名を連ねる名著

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

資産運用の無料相談(要予約)

これから資産運用を始めようという方、現在の資産運用に満足していない方、一度お話ししてみませんか?

金融商品仲介業者 株式会社Fanに所属する個人事業主IFAの山上秀樹が皆さんの資産運用の悩みにお答えします
ぜひお気軽にご相談ください(要予約)

日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA)
日本FP協会上級ファイナンシャル プランナー(CFP)

IFA 山上秀樹 プロフィール他

※新型コロナウイルス感染症を源とした非常事態宣言発令の折
2020年5月3日〜
資産運用の無料相談(要予約)は電話及びビデオ通話(zoom、Facetime等)のみ行っています
以下無料相談予約フォームからご予約をお待ちしています
折り返しメールにて電話ご相談日時を連絡させていただきます


<場所>
東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビル2F 投資信託相談プラザFan
株式会社Fan 東京本店



<日時>
平日9:00〜17:00(原則)

それ以外の場所や時間、土日祝日等を希望される方はその旨無料相談予約フォームの内容詳細にご記入ください
可能な限り対応いたします

無料相談予約フォームへ

コメントを残す

*